赤面症 対人恐怖症|赤面症の治し方・克服する方法

あがり症の症状のひとつである赤面症の基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、赤面症の克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

赤面症と対人恐怖症

赤面症の治し方・克服する方法14

赤面症は赤面恐怖症とも言われ、あがり症の一種で、あがり症は対人恐怖症の一部といわれています。

赤面恐怖症は、強い緊張が原因となることが多く、深刻に考えれば考えるほど、症状は重く、克服は遠のくようです。

赤面しても、周囲は本人が思うほど気にしていないと気付くことが必要です。

そして、出来る限り気楽に、リラックスできるように、いっそ開き直れるように、心を整えることも大切です。

赤面症は、対人恐怖症の中でも、初期段階だと言われています。

だからこそ、悪化させずに、早期の克服・治療が何より大切です。

また、赤面症の場合、社会不安障害(SAD)という病気である可能性もあります。

時には、心療内科などの専門医に相談することも視野に入れて、前向きに克服に向けて赤面症に立ち向かいましょう。

赤面症と個人差

赤面症の治し方・克服する方法26

赤面症は、あがり症の中でも多くみられる症状ですが、顔だけでなく、耳や首が赤くなったり、頬が異常に赤くなったり、赤くなる場所には個人差があります。

また原因にも個人差があり、社会不安障害(SAD)という病気である場合もあります。

対処方法や効果があった方法などの口コミ情報なども、インターネット上には多数あり参考になる物も多いです。

しかし、一口に赤面症といっても個人差がありますので、なかなか直ぐにはピッタリの解決方法は見つからないかもしれません。

失敗などの悪循環で赤面症が悪化する前に、できる限り早期に治療を受けることが大切ですし、自己判断は禁物です。

赤面症で悩み続ける前に、まずは専門医に相談してみることからはじめるのがよいでしょう。

赤面症とコンプレックス

赤面症の治し方・克服する方法17

人前ですぐ赤くなったり、異性と話しをしようとすることで赤くなったりする赤面症は、赤くなることがコンプレックスになり、深い悩みとなっていきます。

赤面症は、コンプレックスであるため、誰にも相談できず、一人で悩んでしまうことが多いのですが、社会不安障害(SAD)という病気である可能性もあります。

心療内科で、専門医に相談することで、社会不安障害(SAD)であるかどうかわかりますし、その場合は、薬物療法も可能となります。

赤面症は精神的なものが原因であることが多いようです。

心理療法を受けたり、カウンセリングしてもらうことで、克服できる場合も多くあります。

コンプレックスで苦しみ続けずに、まずは専門医に相談してみるのが良いでしょう。


赤面症の治し方・克服する方法TOPへ

赤面症の基礎知識

赤面症克服の方法

赤面症治療

当サイトについて