赤面症 多汗症|赤面症の治し方・克服する方法

あがり症の症状のひとつである赤面症の基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、赤面症の克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

赤面症と多汗症

赤面症の治し方・克服する方法28

赤面症と多汗症を合わせ持つ人は意外に多く、人前でスピーチしたり、異性と話しをする際に、顔が赤くなるだけでなく、大量の汗にも悩まされることがあるようです。

また、暖房で暖まった部屋に入ったり、運動の後に、赤面症と多汗症が同時に起こることも多く、長年苦しんでいる人もいます。

赤面症で多汗症の場合、ペインクリニックによる胸腔鏡下交感神経切除術という内視鏡を使用した手術が効果的のようです。

ペインクリニックは、痛みの解消や緩和だけでなく、赤面症や多汗症、更年期障害、花粉症などの、痛み以外の症状にも対応している最新医学の病院です。

代償性発汗という副作用はあるようですが、赤面症と多汗症が改善された報告例はとても多くあります。

赤面症と多汗症の両方に悩む人は、一度、ペインクリニック科のある病院で相談してみると良いでしょう。

赤面症の女性

赤面症の治し方・克服する方法12

赤面症の女性は、当人は、赤くなることで辛く苦しい思いをしていますが、案外、男性から見た場合など、赤くなる女性は可愛い、という印象があるようです。

赤面症の場合、赤くなることで、他の人に不快感を与えていると、思い込んでいることが多いようですが、逆に好感を持ってもらえることの方が意外に多いようです。

赤くなる女性は、正直な人柄が感じられて安心できる、可愛い、という印象なことが多いのです。

赤面症の女性は、赤面してしまうことを、武器にしてしまおう、というくらいの気持ちを持って、気楽に接することが、赤面症克服の早道ともなるようです。

赤くなることで、冷やかされることもあるでしょうが、好意の表れだと思って、気にしないことが大切です。

赤面症の仕組み

赤面症の治し方・克服する方法08

赤面症は、思春期に発症することが多く、原因は潜在意識にあるため、克服が難しいことが多いようです。

赤面することを意識するほどに、赤面することへの恐怖感が無意識の中に広がってしまうようです。

赤面しないようにしようとすればするほど、緊張して赤くなってしまい、それが強く失敗として感じられ、自信を喪失し、それが、どんどん悪循環となってしまいます。

赤面する場を避けようとする余りに、人とのコミュニケーションが取りにくくなり、それが、また、失敗として強く意識してしまう…。

この悪循環が、赤面症の仕組みであるため、やがて、赤面がクセになってしまい、脱却が難しくなります。

悪循環を断ち切るには、本人が気にするほどに、赤面することは気にされていないことに、気付くこと、出来る限り気楽に、リラックスすることなどが大切となってきます。


赤面症の治し方・克服する方法TOPへ

赤面症の基礎知識

赤面症克服の方法

赤面症治療

当サイトについて