赤面症 催眠療法|赤面症の治し方・克服する方法

あがり症の症状のひとつである赤面症の基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、赤面症の克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

赤面症と催眠療法

赤面症の治し方・克服する方法14

赤面症は催眠療法による治療法も克服の一つとしてあげられることもあります。

赤面症になってしまうには、きっかけがあり、それは小さな失敗の積み重ねであったり、過去の大きなトラウマであったり様々のようです。

催眠療法では、潜在意識に働きかけ過去の体験を探ることで、赤面症の原因となった出来事やトラウマを見つけたり、自己催眠療法で、赤面症を克服するというものです。

しかし、催眠療法には違和感を感じる人も多いようです。

過度の緊張が、赤面症などを引き起こしますので、リラックスの手段として催眠療法を、と、考える人もいるようです。

赤面症の場合、病気である可能性もあり、自己判断は危険ですので、催眠療法に興味がある場合なども、一度、心療内科の専門医に相談してみることをお勧めします。

赤面症とカウンセリング

赤面症の治し方・克服する方法18

赤面症にはカウンセリングにより、十分に話しを聞いてもらい、心の抱える問題を援助してもらうことで克服することが可能と言われています。

赤面症の場合、心理面の問題が病気の本質のこともあり、その場合は、心療内科や神経内科による心理療法や精神療法と言われる治療法が有効なのです。

カウンセリングは心理療法の一つです。

赤面症の治し方としては、顔が赤くなることは、誰にでも起こることだと、まず、受け入れ、顔が赤くなることが問題ではなく、赤くなることを恐れる気持ちが問題であることに気付くことが大切です。

心療内科の精神療法や心理療法を受け、カウンセリングで話しを聞いてもらうことを通じて、ストレスを取り除き、極度の緊張を解くことでリラックスも得られます。

心理面が問題の赤面症も改善することが可能ですから、心療内科などで、専門医のカウンセリングを受けてみるのが良いでしょう。

赤面症と精神療法

赤面症の治し方・克服する方法28

赤面症には精神療法による治療方法もあります。

赤面症には、心理療法士によるカウンセリングや、自立訓練、催眠療法、心理療法、精神療法、心理学による指導といった治療を行うこともあります。

初回無料などでカウンセリングをしている心理療法士などのクリニックもあります。

心理学によってストレスを取り除き、ストレスを溜めない心を作ることで、赤面症を克服するというものです。

口コミで話題の多い精神療法としては、精神科医の森田氏による森田療法があります。

これは、80年以上前から継続されてきた実績のある精神療法となってるようです。

ただし、森田療法は、神経質性格で、今の症状を治したいという強い意欲がある人、という2つの条件が揃っている場合にのみ、効果が高いと言われています。


赤面症の治し方・克服する方法TOPへ

赤面症の基礎知識

赤面症克服の方法

赤面症治療

当サイトについて