赤面症 治療|赤面症の治し方・克服する方法

あがり症の症状のひとつである赤面症の基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、赤面症の克服や治し方の情報を総合的にご紹介!

赤面症の治療

赤面症の治し方・克服する方法28

赤面症の治療は、薬物療法、心理療法、手術などによるものがあります。

赤面症は、性格だから仕方ない、と、思いこんで長年悩み続けていた人が、専門の医療機関で相談することにより、治療によって治る病気であった、ということも多くあります。

赤面症の場合、特に、恥ずかしい等、病院に行くことに抵抗がある場合が多いものですが、思い切って、一度、専門医に相談してみるのが良いでしよう。

薬物療法も、副作用の少ない薬が、医学の進歩によって出てきています。

赤面症の症状には、個人差がありますから、自己判断せず、早期に専門医に相談し、診断してもらうのが良いでしょう。

赤面症の取り扱いのあるペインクリニック科や、心療内科が近くにない場合には、総合病院を訪ねると良いでしょう。

また、病院検索ができるサイトなどを利用して、近くの総合病院や心療内科を探してみることもできます。

赤面症の薬

赤面症の治し方・克服する方法26

赤面症の薬による治療は、原因が社会不安障害(SAD)である場合、3種類の薬が日本では認可されています。

3種類とも、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)という種類の薬であり、個人の体質や症状に合わせて、専門医が処方してくれます。

社会不安障害(SAD)は、精神伝達物質のセロトニンが少なくなっている状態である、と考えられ、セロトニンのバランスを整えるための薬物治療となります。

セロトニンは、安眠にも関わる、安心を与えてくれる物質で、必須アミノ酸であるトリプトファンが原料となっています。

セロトニンが安定することにより、過剰な不安や緊張が通常のものとなり、成功体験が可能となり、その継続により、自信がつき赤面症の改善に繋がって行きます。

赤面症とフォトフェイシャル

赤面症の治し方・克服する方法16

形成外科などで受けられる、フォトフェイシャルなどの光治療(IPL:Intense Pulsed Light)を受けることで、毛細血管拡張の赤ら顔や、赤面症を改善することが可能です。

フォトフェイシャルは、レーザー光などと違い、メラニンや毛細血管などにだけ直接働くため、肌に優しく副作用なども無いと言われています。

赤ら顔を治療で治すことで、赤面症がほとんど目立たなくなったという例もあります。

フォトフェイシャルなどの光治療を受けている際は、日焼けしないように紫外線対策を万全にし、乾燥しないように保湿に努めましょう。

赤ら顔は、乾燥により弱いため、常日頃から保湿に努めることで、外的刺激から守られ、徐々に赤みが改善され赤面症の改善にも役立つようです。


赤面症の治し方・克服する方法TOPへ

赤面症の基礎知識

赤面症克服の方法

赤面症治療

当サイトについて